1年でSS偏差値8アップ!Fランクでも入試で290点超え!

3年生になると、毎年驚くほど偏差値を伸ばす生徒がいます。そんな生徒に共通しているのはやる気と集中力。

R君は3年生の1学期まではいくら頑張ってもなかなか結果が出ず、何度もくじけそうになりました。
しかし、本人の強い気持ちに加え、保護者様の持続的なサポートもあり、志望校に絶対に合格するという目標を持ち続けることができ、最後まで頑張ることができました。

R君のドウコンの成績推移(5科目)です。
2021年  1月 38.6
4月 39.0
8月 42.0                                                                                                                         11月 45.8
2022年  1月    46.7

英語の偏差値は41⇒53に、国語も44⇒58、社会は35⇒53に! 僅かな期間で5科目の合計偏差値が8も上がることは、めったにありません。

そして、絶好調を維持しながら、入試に臨むことが出来ました。

入試自己採点 293/500点 (ドウコンSS偏差値換算46.3)

入試で国語は90点、苦手だった英語も70点超え。

一方、数学は実力が発揮できませんでした。受験に『もし』はありませんが、普通なら解ける問題ができていれば最低でもあと20点、5科目合計315点程度(SS偏差値49)は取れていたでしょう。

Fランクでしたが、入試で300点近い点数を取れたのは偏に努力の賜物です!
(Fランクで入試問題を6割取れる生徒はほとんどいません)

ずっと頑張ってきたのできっと勉強の神様が見てくれていたのでしょう。

合格発表が楽しみだね、R君!

よくやった!